ホワイトニング 歯磨き粉 ランキング

ホワイトニング歯磨き粉のランキング発表 自宅で歯を白くしたいあなた

HOME

歯磨き粉で歯は白くなるのでしょうか?

「歯の黄ばみや、歯に付いた茶色いステインが気になる」。「もっと綺麗な白い歯になりたい」。そんな願望ってありますよね。いままでちょっとは気にはなっていたけど、特に深くは解決方法を考えていなかった。でも、テレビに出てくる芸能人とかの真っ白な歯を見ると、「自分ももっと白い歯だったら印象が違うんじゃないかな?」って思ったりもする。最近では、近所のドラッグストアでも「歯を白くする歯磨き粉」「ホワイトニング歯磨き粉」なるものも売っている。そろそろ、ちょっと自分も試してみようかなって気持ちが強くなってきました。

では、「歯磨き粉で、歯は白くなるのでしょうか?」。答えを言えば、「はい、白くなります」。きちんとした歯磨き粉を選ぶ必要はありますが、あなたの歯も、歯磨き粉で白くすることが可能です。ただ、テレビで見かける芸能人のようなピッカピカの白い歯というわけではありません。あれだけの白い歯の人が世間一般にいたら、かなり浮きます。仮にあなたの周りのあれだけの白い歯の人がいたら、「あの歯の白い人」って周りで言われるような存在になってしまいますよね。「そこまでは真っ白でなくていい」、と言いますか、逆にあんなに白いのはちょっと困る。もっと自然な感じの白さの方が良いって思います。歯に付いた汚れを取り除いて、歯が本来持つ自然な白さをしっかりと出したい。そう思うような人には、ホワイトニング歯磨き粉とも呼ばれる、歯を白く出来る歯磨き粉はお勧めだと言えます。

歯医者さんでのホワイトニングとの違いは?

では、タレントさんとかの、あの輝かしいまでの真っ白な歯はどうやって手に入れているのでしょうか。あれは、セラミックを強力な接着剤で貼り付けたラミネートべニア法という方法だったりします。でもより多いパターンとしては、審美歯科とよばれている歯を綺麗に見せるための専門の歯医者さん等で行われる、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングという方法で歯を白くしていることが多いようです。オフィスホワイトニングは、歯医者さんに通って、歯科医の人に、ホワイトニング薬剤と特殊な光線を歯に当ててもらって歯を白くしていく方法。とても白くなりますが、薬剤が歯にしみたりすることもあり、薬剤の取り扱いには慎重にならなくてはなりません。費用も数万円から二十万円程度掛かります。ホームホワイトニングは、自宅でやっていく方法なのですが、最初に歯医者さんであなたの歯型に合わせたマウスピースを作ってもらい、適切な指導を受けた後、自宅でそのマウスピースにホワイトニング薬剤(オフィスホワイトニングよりも弱い薬剤)を注入して、毎日2時間程度着用して、歯を徐々に白くしていく方法です。オフィスホワイトニングよりも安くできますが、数週間から長い場合で三カ月ほど、毎日マウスピースを着用する必要があります。歯医者さんでは、デュアルホワイトニングという、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方おこなう施術方法を実施しているところもあります。効果はさらに高いですが、費用もその分さらに高くなっています。

歯医者さんでのホワイトニングは、ピカピカの真っ白な歯に憧れている人には、おすすめの方法と言えます。ただし、その分費用は高いです。薬剤で口内がピリピリと痛むことがあることは、知っておく必要があります。それと、歯医者さんでホワイトニングをしたからといって、歯の白さが永遠に持続するわけではありません。その効果は、オフィスホワイトニングで約6カ月程度。ホームホワイトニングで約1年程度となります。効果が薄れてきたら、再度歯医者さんに通って、ホワイトニングをやり直してもらう必要があります。

セルフホワイトニングとの違いは?

最近ではセルフホワイトニングという方法も、ポピュラーになりつつあります。セルフホワイトニングは、歯医者さんでやるのでもなく、自宅でやるのでもない、その中間的な位置づけの方法です。ホワイトニングの専門店で行う方法で、歯医者さんのような医療行為とはまた別となります。エステサロンのような感じですね。医療行為ではないので、スタッフの人はあなたの口の中を触れません。ホワイトニング専門店のお店の中で、あなたが自分自身でホワイトニング作業をしていくことになります。ホワイトニングジェルというものを歯に塗っていくのですが、この作業を含めて、全て「セルフ(あなた自身での作業)」となります。スタッフの人は、最初にやり方を説明してくれるだけです。セルフなので、審美歯科などと比べると、お値段も安いです。ただ、安いと言っても、一回あたり5千円前後。最初に2,3回まとめて通い、その後、月に2~3回は通うことを勧めているので、月に2万円前後は掛かる計算になります。あとセルフホワイトニングで使用するホワイトニングジェルは、審美歯科で使用するようなホワイトニング薬剤とは違います。歯を漂白するような効果はありません。また、セルフホワイトニングで実施する光照射も、審美歯科で使用するような照射機器は使用が禁じられていて、通常のLED照射であることも知っておいたほうがいいでしょう。

歯磨き粉を使って歯を白くする方法のメリット

あなた普段使っているような歯磨き粉ではなく、ホワイトニング用歯磨き粉を使って、歯を白くしていく方法、というのがあります。歯医者さんでやってもらうようなピッカピカの白い歯ではありませんが、歯が本来持つ白さを取り戻す方法が、ホワイトニング用歯磨き粉を使った方法です。セルフホワイトニングを自宅でやる感じに近い、と思ってもらったらいいでしょう。歯磨き粉を使った方法のメリットは、まずは手軽さです。オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、セルフホワイトニングも、自宅以外の場所に通わなければなりません。また、治療後の食事制限があったりもします。その点、歯磨き粉を使った方法なら、自宅での歯磨きを、いままでの歯磨き粉から、ホワイトニング用歯磨き粉に代えるだけです。費用も1本(約1か月分)で二千円から六千円位です。一番安いホワイトニング方法と言えます。

どんな歯磨き粉を選べばよいのでしょうか?

歯を白くする目的のホワイトニング用歯磨き粉。ただ、ホワイトニング用歯磨き粉にもいろいろな種類があります。あなたの近所の薬局でも、ホワイトニング用歯磨き粉が売っているかと思います。価格もかなりお手頃な商品があったりするかと思います。でも、安価なホワイトニング用歯磨き粉は注意が必要です。と言いますか、使わない方がいいかと思います。何故かと言いますと、研磨剤の力で歯の汚れを落とす歯磨き粉だからです。普通の歯磨き粉にも、研磨剤が入っているものがほとんどです。歯磨き粉メーカーとしては、それが一番簡単に歯の汚れを落とすことができる方法だからです。歯の表面の汚れを削っと落とすわけです。でも、その際に歯の表面のエナメル質に傷を付けてしまう恐れがあるんです。歯磨き粉メーカーさんは、研磨剤は微小だから問題ありませんよ、とは言います。でも、歯医者さんが研磨剤入りの歯磨き粉を勧めないところをみると、わたしたちは用心したほうがよさそうです。歯医者さん自身に、無研磨剤歯磨き粉を使ったりしていますからね。エナメル質を傷つけてしまうと、その部分に汚れが付きやすくもなってしまいます。そうすると、歯を白くすることの逆効果。研磨剤入りの歯磨き粉はそのようなリスクもあるんです。

ホワイトニング用歯磨き粉を使うなら、研磨剤が入っていない歯磨き粉を使うことを強くお勧めします。でも、「研磨剤を使わないで、歯の表面の汚れをどうやって落とすの?」と思われるかもしれませんね。研磨剤無しのホワイトニング歯磨き粉は、歯の表面に付いた汚れを浮き上がらせる成分が配合されています。さらに、浮き上がった汚れを溶解し、それを取り除く、という成分も入っています。このようにして、研磨剤を使用することなく、歯の汚れを取り去ることが出来るのです。歯を白くするには、このようなタイプのホワイトニング用歯磨き粉を使うことになります。

おすすめの歯磨き粉のランキング

無研磨剤のホワイトニング用歯磨き粉は、近所のドラッグストア等では売っていません。ただ、オンライン通販等では入手することができます。では、オンラインなどで手に入る無研磨剤のホワイトニング用歯磨き粉の中で、どのブランドの歯磨き粉がお勧めなのでしょうか?各社、研磨剤不使用なのはもちろんのこと、発砲剤、着色料、合成界面活性剤など不使用の商品や、口臭予防にも効果があったり、それぞれに使用成分にもこだわりを持って、販売しています。

では、おすすめの歯磨き粉のランキングを発表いたします。

一番気軽に始められるブランドとして、「はははのは」があります。ほかのブランドよりも、割安価格で購入することが出来ます。けっして効果が劣るとかではなく、通常よりも安い価格で、でもより多くの人に使ってもらえれば大丈夫という考えです。また、どこのブランドも定期購入をすると値引価格で購入することができるのですが、だいたいどこも最低3回以上は定期購入要、などの条件があります。はははのはは、定期購入が条件ではあるものの、2回目をキャンセルすることができますので、実質1回でも定期購入金額で購入可能となります(ほかのブランドは最低●回まではキャンセル不可、等の条件があります)。「はははのは」は、定期購入の1回目は、1980円。2回目以降は2980円です。それ以外だと、「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」は、1回目は、3980円。2回目以降は4980円。くみっきーが紹介していることで有名な「パールホワイトプロEXプラス」は、1回目は、3240円。2回目以降は6480円、「レディホワイト」は、毎回2750円となっています。なお、「はははのは」と「パールホワイトプロEXプラス」以外は、すべて税抜き価格です。そう考えると、さらに「はははのは」のお得さがわかりますね。と、いうことで、おすすめの歯磨き粉のランキングの1位は、「はははのは」でした。

歯が黄ばんで見える原因は何で?

歯が黄ばんで見えることがコンプレックスで歯を見せて笑いたくないという方は少なくありません。きちんと歯を磨いているにも関わらず何で黄ばんで見えるのかと疑問に思う方もいることでしょう。 歯が黄ばんで見える原因はいくつかありますが、まずもともと日本人を含む東洋系の黄色人種は歯の象牙質が黄色みを帯びていることが多いというのが挙げられます。 それに加えて、歯の表面を覆っているエナメル質も薄い傾向にありますので、エナメル質の内側にある象牙質の色が透けて歯が黄色く見えてしまうのです。 もちろん黄色人種の全ての人の歯が黄ばんで見えるというわけではなく、エナメル質の厚さや象牙質の色には個人差がありますので、人によっては黄色みが強く出てしまうこともあるのです。 このように根本的に歯質が黄ばんで見えやすいというのが原因の一つではあるのですが、もしも、昔よりも歯が黄色くなったというような場合、変色が起きている可能性があります。 歯に変色が起きる代表的な原因が飲食物です。ポリフェノール・タンニン・カテキンなどを含む食材や色の濃い食材などがエナメル質に付着して変色を起こすことがあります。また喫煙によってタールが付着することでも変色が起こります。 他にも歯石の付着や歯の詰め物が原因ということもあります。 それ以外に見過ごせないのが間違った歯磨きによって起こる歯の黄ばみです。 歯の黄ばみが気になって研磨剤入りの歯磨き粉でしっかり磨いていると、逆に歯の黄ばみが強くなってしまうことがあります。 これは歯磨き粉に含まれる研磨剤によってエナメル質が削られてしまい、その下にある黄色みを帯びた象牙質が透けて見えるようになったことで起こるのです。 削れてしまったエナメル質を元に戻すことはできませんが、それ以上、黄ばみが強くならないように歯磨き粉やブラッシング方法を見直す必要があります。 このように歯が黄ばんで見える原因は、もともとの歯質もありますが、それ以外の外因もありますので、気になっているのであれば、まず歯科で相談をしてみるとよいでしょう。

クマ

Copyright (c) 2014 ホワイトニング歯磨き粉のランキング発表 自宅で歯を白くしたいあなた All rights reserved.